会社案内

Home  > 会社案内  > 沿革

沿革

1992年
  • 東京都立川市にて創業,社員数6名
1993年
  • 携帯電話用音声コーデック「PSI-CELP」の開発でNTT研究所に協力
  • 音声コーデック「ITU-T G.729」の開発でNTT研究所に協力
1994年
  • 現在の事務所(東京都立川市錦町1丁目)に移転
  • 超フーリエ解析装置を開発
  • デジタル・フィルタ「Mixsel」シリーズを開発
1995年
  • アメリカBDTI社と取引開始
1997年
  • G.729小型音声コーデック・モジュールを開発
1998年
  • ITU-T勧告の各種音声コーデックをソフトウェア・ライブラリとして開発開始
  • 日本電気と取引開始
  • 富士通と取引開始
1999年
  • 雑音抑圧機能付きエコーキャンセラの開発でNTT研究所に協力
  • 小型マルチ・チャンネル音声コーデック・モジュール「MPD-200」を開発
  • PDC携帯電話用音声コーデック・モジュールを開発
2000年
  • DTMF検出ソフトウェア,ノイズキャンセラを開発
  • アールコム社と共同でRZ-SSB方式無線機を開発開始
  • エコーキャンセラ評価用ボード「EVM-EC54x」を開発
  • カナダSipro社G.729特許許諾契約のサポート開始
2001年
  • RZ-SSB放送連絡用無線機をアールコム社と共同開発
  • カナダGAO社のソフトウェア・モデム販売サポート開始
2002年
  • Crystal Sound AM/FM RZ-Radioを開発
2003年
  • 広帯域音響エコーキャンセラボード「FAB-2101WA」を開発
  • 広帯域音響エコーキャンセラ装置「EG-2161」を開発
  • VoIP用音声コーデック・モジュール「MPD-160AN」を開発
2004年
  • インターホン用エコーキャンセラを開発開始
2005年
  • ノイズリダクション機能付き高性能音響エコーキャンセラ「REAL TALK 71」を販売開始
2006年
  • 緊急警報放送 検出デバイス「EWS430」を開発
2007年
  • 緊急地震速報 / 緊急警報放送 検出デバイス「EWS430D」を開発
2008年
  • 緊急告知受信機「ER-3021」を開発
  • 音声通信ボード「MPD-Ehter」を開発
2009年
  • ホームページを全面リニューアル
  • ハンズフリー通話デバイス「Comstabi®」を開発
2011年
  • 東日本大震災を機に災害対策を強化
  • 緊急地震速報 / 緊急警報放送 検出デバイス「EWS430D」を
    採用した民生品が普及
2012年
  • G.729AnnexA変換モジュール[VUD-35G]を開発
  • 緊急告知受信モジュール[ER-4334-FM]を開発
2013年
  • 新規採用社員2名
  • 公共事業採用製品への展開
  • 「ISO22301:2013」(BCMS)認証
2014年
  • 現在,社員数18名
  • 長期インターンシップ・アルバイトの受け入れ開始
ページの先頭へ戻る