製品情報

Home  > 製品情報  > 生産終了製品

生産終了製品

多機能フィルタ装置
[MixSel KS3902]

多機能フィルタ装置[MixSel KS3902]
  • チャンネルの入出力インタフェースを備え,目的に応じた多彩なフィルタアレンジが可能です。
  • 各種オーディオ規格のサンプリング周波数に対応しています。
  • ミキシング機能やエコー付加機能により,多彩な音場制御とリアルタイム・シュミレーションが可能です。
  • フィルタ係数を瞬時に切り替えることが可能なため,聴感の実験にはたいへん便利です。
  • ICメモリ・カードによるフィルタ係数の記憶,およびカードからのデータ設定と動作制御が可能です。
  • GP-IBインタフェースによる制御なので,パーソナルコンピュータの機種を選びません。(別途GP-IBカードが必要です。)
  • デジタル・フィルタの増設も256タップ単位で可能です。(最高4096タップ)
  • 4096タップの畳み込み演算処理装置としても構成可能です。
  • 入出力インタフェースは,アナログタイプとデジタルタイプ(AS規格)が選択可能であり,デジタル入出力を選択した場合は,18bitのデータフォーマットも使用可能です。

エコーキャンセラ 評価用ボード
[EVM-EC54x]

エコーキャンセラ 評価用ボード[EVM-EC54x]
  • エコーキャンセラのアルゴリズムの性能評価をしていただくための評価用ボードです。
消費電流 300mA
ボードサイズ 220(W)×160(D)×22(H)mm
(コネクタ等の突起は含まれていません。)
TELEPHONEコネクタ 携帯電話を接続することができます。
MIC IN 端子 マイクロホン接続用のミニジャックです。
VOLUME MIC IN 端子用のボリュームです。
マイクロホンの音量調整に使います。
AUDIO IN 端子 外部マイクロホンアンプ接続用RCAピンジャックです。
内蔵マイクアンプを使用しない場合,外部マイクアンプを接続します。
AUDIO OUT 端子 外部スピーカアンプ接続用RCAピンジャックです。
LINE IN 端子 音声入力用RCAピンジャックです。
コーデック側(回線/ネットワーク等)の音声出力端子に接続します。
LINE OUT 端子 音声出力用RCAピンジャックです。
コーデック側(回線/ネットワーク等)の音声入力端子に接続します。
コンパクトフラッシュコネクタ コンパクトフラッシュからプログラムをダウンロードすることができます。
消費電力 5W以下

PDC携帯電話用音声コーデック・モジュール

PDC携帯電話用音声コーデック・モジュール
  • ARIB STD-27Hに規定されている4種類の音声コーデック演算を行います。
    フルレート音声コーデック(VSELP)
    ハーフレート音声コーデック(PSI-CELP)
    CS-ACELP音声コーデック(ITU-T G.729およびAnnexB)
    ACELP音声コーデック
  • 音声コーデックには伝送路符号化も含むものとします。
  • 全ての音声コーデックについてエンコーダはVOX制御を行いません。
  • 全ての音声コーデックについてデコーダはVOX制御を行います。
音声データのインタフェース アナログ
A/D変換機:16ビット,リニア,2.8Vp-p,AC結合,不平衡
D/A変換機:16ビット,リニア,2.65Vp-p,AC結合,不平衡
MUTE信号により,音声データの出力を制御できます。
コード・データのインタフェース 入力信号レベル:3.3V(5Vトレラント機能付)
出力信号レベル:3.3V
シリアル・クロック 2.048MHz,外部より供給
フレーム同期信号 外部より供給
20msec間隔
(フルレート音声コーデック,CS-ACELP音声コーデック,
CELP音声コーデック)

40msec間隔(ハーフレート音声コーデック)
シリアル・データ:224ビット/フレーム

小型マルチ・チャンネル音声コーデック・モジュール
[MPD-200]

PDC携帯電話用音声コーデック・モジュール
  • ITU-T勧告の音声コーデックを搭載した超小型コーデック・モジュールです。
  • それぞれのコーデックがマルチ・チャンネル動作が可能です。
  • 音声,およびコード・データの入出力はシリアルまたは,パラレルのデジタル・データで行います。
  • 電源は3.3Vです。
音声コーデック 搭載可能チャンネル数
ETSI AMR-NB 6
ETSI AMR-WB 4
ITU-T G.711 64
ITU-T G.723.1 8
ITU-T G.726 8
ITU-T G.729 6
ITU-T G.729 Annex A 8
ITU-T G.729 Annex B 6
ITU-T G.729 Annex AB 8
ページの先頭へ戻る