製品情報

Home  > 製品情報  > 緊急地震速報/緊急警報放送製品  > 緊急告知受信機

緊急告知受信機

アウトライン スペック ブロック図 カタログ 導入事例(別頁)



アウトライン

緊急告知受信機[ER3311]

ユーザーからの意見・要望を採り入れた、
多機能なFM放送用緊急告知受信機!

ワイドFM(FM補完放送)   ワイドFM (FM補完放送) に対応しました!

ワイドFMとは、AM放送局の放送エリアにおいて、
難聴対策や災害対策のために、従来のFM放送用の周波数(76MHz~90MHz)に
加えて新たに割当てられた周波数(90MHz~95MHz)を用いて
AM番組を放送することです。
緊急告知受信機[ER-3311]
  • FM放送を利用するので,ランニング費用はかかりません。
    (電気料金を除きます)
  • インターネット回線が不要の為,災害時にも情報が途切れません。
  • 大きな地震の時だけ、お知らせいたします。
    (FM放送局に準じます)
  • 津波警報など、緊急警報放送(EWS) 受信にも対応いたします。
  • 放送設備との連動ができますので,
    校内・館内などへ一斉放送が可能です。
  • 警報音声がプリセットされており,複数のアナウンスパターンから
    アナウンスの内容を選択できます。
    また,オリジナル音声もプリセットすることもできます。(オプション)
  • 訓練機能がありますので,避難訓練をはじめ,
    動作の確認も容易にできます。
  • 高度利用者向け機器と接続し,インターネット配信型の
    設備と併用ができます。

緊急告知受信機[ER-3021]
組込み用緊急告知受信機[ER-2871]

緊急告知受信機[ER-3021]
緊急告知受信機[ER-3021]
組込み用緊急告知受信機[ER-2871]
組込み用緊急告知受信機[ER-2871]
  • システムへの組込み用途としての製品です。
  • 基本機能は[ER-3021]と同等です。

技術情報

「緊急地震速報」と「緊急警報放送」。最近話題になっているので,知っている人も多いのではないでしょうか。似たような名称の「緊急地震速報」と 「緊急警報放送」ですが,実はぜんぜん違うものなんです。ここでは,その方式を分かり易く説明します。またその応用例などを紹介いたします。
ページの先頭へ戻る