製品情報

Home  > 製品情報  > エコーキャンセラ製品  > ソフトウェア・ライブラリ

エコーキャンセラ
ソフトウェア・ライブラリ

トピック

音声,テレビ会議等の拡声通話では,スピーカから出た音がマイクロホンで拾われて話者側に戻ってし まいます。戻ってきた音が,不自然で耳障りなエコーとなり,ひどい時はハウリングが発生してしまいます。 これら拡声通話に有害なハウリングの発生を防止し,不自然なエコーを除去するために音響エコーキャンセラが使用されます。 キャステムではエコーキャンセラをソフトウェア・ライブラリで提供しております。 また取扱いのエコーキャンセラハードウェア(FIX AEC BOARD[FAB-2101WA])に搭載して提供する事もできます。

TI社製DSP
C54x/C55x用
エコーキャンセラ

概要

  • このソフトウェアはテキサス・インスツルメンツ社のTMS320C54x用または,TMS320C54xオブジェクトファイル形式で供給されます。
    (DSPは16bit固定小数点タイプです。)
  • このソフトウェアは初期設定ルーチンとエコーキャンセラ本体の2つのモジュールで構成されています。
  • 初期設定のルーチンは,エコーキャンセラ動作に必要な各種パラメータの設定および変数の初期設定を行ないます。
  • エコーキャンセラ本体は,初期設定ルーチンにより設定されたパラメータにより動作します。

音響エコーキャンセラ[EC00A]

用途
  • 車載向け
  • ハンズフリー通話(携帯電話用)
使用環境
  • 室内広さ2~4㎡
  • 乗用車,ミニバン
  • ライトバン等

音響エコーキャンセラ
[NRECER00S3]

用途
  • テレビ会議システム
  • 音声通話会議システム(電話網・インターネット網)
使用環境
  • 小~大会議室

広帯域音響エコーキャンセラ
[ECNRER00S3M2]

用途
  • VIP用テレビ会議システム
  • 高品位テレビ会議システム
  • 高音質音声通話会議システム(電話網・インターネット網)
使用環境
  • 小~大会議室
スペックの比較
型  式 EC00A NRECER00S3 ECNRER00S3M2
帯  域 0.1~3.4[kHz] 0.1~3.4[kHz] 0.1~7.0[kHz]
エコー消去量 Max 64 [msec] Max 192 [msec] Max 192/64
(低域/高域)[msec]
エコー低減量 30~35max[db] 30~35max[db] 50max[db]
サンプリング
周波数
8kHz 8kHz 16kHz
ノイズ抑圧 送話側 × ×
受話側 × ×
エコーサプレッサ 有・無 ×
A G C
備  考 マイク・スピーカ
特性補正フィルタ付
マイク・スピーカ
特性補正フィルタ付
-

本エコーキャンセラはNTT研究所の技術によるものです。

ページの先頭へ戻る