技術情報

Home  > 技術情報  > 緊急地震速報/緊急警報放送とは  > 緊急地震速報と緊急警報放送との違い

緊急地震速報/
緊急警報放送とは

緊急地震速報と緊急警報放送との違い

 

緊急地震速報 緊急警報放送
情報
発信
機関
気象庁 気象庁,内閣府,地方自治体
放送
条件

気象庁からの地震発生情報を各放送局が即座に受け取り, その情報を元にNHKでは最大震度5弱,民放では主に最大震度5強以上の場合に自動的に放送される。 (放送局により対応が異なる)
法律で定められた放送であり,大規模地震の警戒宣言が発せられた時, または津波警報が発せられた時,地方自治体から放送の要請があった時,主にNHKで放送される。
情報
伝達
経路
地震発生観測地点



気象庁



(インターネット網)



各放送局



(電波)



民間ラジオ

津波の警報

津波以外の
警報
津波発生



気象庁



各放送局
(主にNHK)



(電波)



民間ラジオ

大規模地震の
予兆,暴動等



各行政機関,
地方自治体等



(放送要請)



各放送局
(主にNHK)



(電波)



民間ラジオ
放送
内容
「ピロンピローン」というチャイム音を2回繰り返した後, 早急に退避行動を促すアナウンスを放送する。

チャイム音は各放送局共通。

~ 例 ~
  「地震が発生しました。
  強い揺れがきますので
  警戒してください。」


警報の終了信号は無い。

「ピロピロ」という信号音の後に避難勧告, 警戒等を勧告するアナウンスを放送する。(アナウンスの内容は放送局によって異なる)

~ 例 ~
  「地震の影響により
  津波が発生しました。
  今後の情報に注意して
  行動してください。」


ピロピロという信号音は緊急警報放送に対応した受信機を自動起動せる特殊な信号音である。
同様に警報終了を知らせる終了信号が設けられており, これは緊急警報放送に対応した受信機を自動終了させる信号音である。
その他
特記
事項
各放送局では緊急地震速報の説明をする放送をし,一般視聴者に知識を普及させている。
毎月1日,緊急警報放送に対応した受信機のテストを目的に試験信号を放送する。
この試験信号には終了信号を使用している。
課題点
短時間での情報伝達を目的とする故,震源が近い場合は強い揺れが来る前に知らせることが困難である。
震度に関する情報の精度は必ずしも正確とは言えない。
緊急警報放送に対応した受信機は製作しているメーカーも少ない上に高価であり, 普及しているとは言えない。

関連情報

ページの先頭へ戻る