技術情報

Home  > 技術情報  > 緊急地震速報/緊急警報放送とは

緊急地震速報/
緊急警報放送とは

緊急地震速報とは

気象庁が中心となって提供している地震警報システムの一つで,大きな揺れが来る前に,地震の情報を伝えるシステムです。
緊急地震速報には「高度利用者向け」と「一般利用者向け」があります。

高度利用者向け

インターネットなどを使用し,地震の発生時刻,震源地,規模(マグニチュード),震度などの推定値を伝えます。 高度利用の緊急地震速報を受信するためには,専用の受信機と情報配信料が必要になります。

一般利用者向け

最大震度が5弱以上と予測された場合にテレビやラジオなどを使用し,地震の発生時刻,震源地の推定値や, 強い揺れが予測される地域名が伝えられます。

緊急警報放送とは

以下の状況が発生した時,各放送局から警報音が放送されます。この警報音は,「ピロピロ」というFSK変調の信号音で, 待機状態の受信機を起動させる制御情報が含まれており,約20年間の実績がある方式です。

  • 東海地震の警戒宣言が発せられた場合
  • 津波警報が発せられた場合
  • 地方自治体の長から,避難命令などの放送の要請があった場合

緊急地震速報や緊急警報放送の詳細情報

上記の説明よりも更に細かく,緊急地震速報と
緊急警報放送との違いを説明しています。

一般のラジオと,弊社の緊急告知受信機[ER-3021]などをはじめとする
自動起動型の専用受信機との違いを説明しています。

関連情報

ページの先頭へ戻る