技術情報

Home  > 技術情報  > 音声/楽音コーデックとは

音声/楽音コーデックとは

VoIPで用いられる
音声コーデックの詳細

CQ出版社「Interface」2003年6月号に掲載された,キャステムが執筆した記事の「原文」を公開しています。 音声コーデックの原理から実際の使い方までを説明していますので,ぜひ参考にしてください。

インターフェイス2006年6月号 表紙

VoIPで用いられる音声コーデックの詳細:もくじ

コーデックとは,どういったものかを説明しています。

音声コーデックの品質を一つの尺度だけで評価するのは難しく,また危険な事でもあります。使用環境やネットワークの状態を含めた総合的な判断が必要です。

音声コーデックの品質を一つの尺度だけで評価するのは難しく,また危険な事でもあります。使用環境やネットワークの状態を含めた総合的な判断が必要です。

VoIPで使用される事が多いCELP(Code-Excited Linear Prediction:符号励振線形予測)方式ついて説明します。

VoIPでは符号化した音声データの伝送を行うためにRTP(Real-time Transport Protocol:リアルタイム転送プロトコル)を使用します。

PCM (Pulse Code Modulation:パルス符号変調)と呼ばれます。

ADPCM (Adaptive Differential Pulse Code Modulation:適応差分パルス符号変調)と呼ばれます。

5.3kbit/sのACELP(Algebraic CELP:代数CELP)と6.3kbit/sのMP-MLQ(Multi Pulse - Maximum Likelihood Quantizer:最ゆう量子化マルチパルス符号)のデュアル・レートの音声コーデックです。

CS-ACELP(Conjugate-Structure Algebraic CELP:共役構造代数CELP)と呼ばれます。

最後に一言。

音声コーデック試聴

主な音声コーデックの試聴ができます。
ぜひご活用ください。

関連情報

ページの先頭へ戻る